こんにちは。夢の宮へようこそ。
輝く魂の持ち主のあなたへ

管理人のEki-MAJOです。

読者様より、こんなコメントを頂きました。


(前略)
> 今日は即位の日ですが、何の感慨もありません。
> ラグビー日本代表の方々の君が代斉唱や大健闘の方が心打たれました。
> 上皇后入内の年に伊勢湾台風、令和の時代に未曾有の水害。東京は寒い雨の日。いかに神々が祝福していないかわかります。
> 知り合いの方が伊勢湾台風の際、多くのご遺体が流れ着いた場所に旅館を経営されていたそうなのですが、災害後、様々な厄災にみまわれたそうです。旅館も心霊現象が続き、何度もお祓いをされたそうですが改善せず、手付かずのまま未だに放置しているそうです。
> 祭祀を怠った皇室に、神々だけでなく民もまた怒っているのかと。
> 最近、封印された水の神、瀬織津姫の話をよく見かけます。
> 水俣病の厄災皇后の時代、これからどうなっていくのでしょうか。


それで、急遽、瀬織津(せおりつ)姫様について思いついたことを書きます。

瀬織津姫は、こんな神様です。封印された謎の女神だと言われています。



瀬織津姫は、記紀(古事記、日本書紀)には、まったく登場しません。しかし「大祓祝詞」だけに祓戸(はらえど)四神の一人として登場します。

川におられる女神で、水の力で、罪・穢れを祓って下さる神様です。

伊勢神宮の別宮に祀られる天照大神の荒魂(あらみたま=神の活動的な荒々しい一面)だとも言われています。

もとは男神だった天照大神様の妻だったとも、弁財天(市杵島姫=宗像三神の一人、宗像三神はアマテラスとスサノオの娘で剣から生まれた三姉妹)とも同一視される神様です。

さらには龍神とも、菊理姫(ククリヒメ=白山神社の御祭神)とも言われている。災いの神自身とも。

さらには、大ヒットした映画「君の名は」とも関係がある。奥が深い。

いづれにせよ、水と関りが深い。

 イラスト 瀬織津姫



確かにナル天皇は、水の研究で知られ、「水の総裁」です。
だからか、令和になってから、水に関する災害の多いこと。

水の穢れは、水でないと祓えないということかもしれません。

だから、ナルマサ夫婦を「流し雛」で・・・ハッ!Σ( ̄ロ ̄|||)オオッ


さらに文学的にいうと、宇治の橋姫は瀬織津姫と同一視されているのだそうです。

「源氏物語」宇治十帖に主人公の薫は、宇治の八の宮の二人の姫のことを思いこんな歌を送ります。

橋姫の 心をくみて 高瀬さす 竿のしずくに 袖ぞ濡らるる
(宇治の橋姫のような姫君がたのお淋しさを思い、同情に袖をぬらしております)
薫は、二人の姫のうち、大君(長女の意味)と気持ちがすれ違いになり、大君はなくなってしまう。
大君の身代わりに囲った腹違いの妹の浮舟を思い、古歌を口づさむ。
さむしろに 衣かたしき 今宵もか 我を待つらむ 宇治の橋姫 (古今集 読み人知らず)
(寒いむしろに自分の衣だけを敷いて寝て、私を待っているのだろうか、宇治のあの女人は)
古今集の時代から、宇治の橋姫伝説はあったようです。
宇治は、平安貴族の“別荘地”で、宇治に恋人がいる貴族も少なくなかったということでしょう。

後に「源氏」の大ファンの歌聖・藤原定家は、本歌取りという和歌の技法を駆使して、源氏物語最終巻「夢の浮橋」題の題名を本歌取りして、一代の傑作を読むのです。
春の夜の 夢の浮橋 とだえして 峰にわかるる 横雲の空 
(春の夜に見た儚い夢から目覚めると、ちょうど峰から横雲がはなれてゆこうとしているところでした)
現代語訳すると、つまらないですが、この歌の背後には源氏物語の壮大なテーマの「もののあはれ」が隠されている、ということです。




古代には、橋の守り神である男を待つ愛らしい姫が、中世には、なぜか嫉妬で鬼女になる恐い女性となって、登場する。

橋は、あの世とこの世の境とされ、異界への入り口には異形の鬼が住むという。

『平家物語』の異本に、21日間、男に捨てられた恨みから宇治川に浸かり、執念で生きながら鬼になる姫の話が登場する。この話には、あの陰陽師・安倍晴明も登場する。

この物語をもとにしたのが、能の「鉄輪(かなわ)」です。

(非常に恐ろしい能です。あの丑の時参りの原点の話です。能面の「橋姫」や「生成り(なまなり=般若になる一歩手前)」がまた怖ろしい。夢枕獏氏の陰陽師シリーズの「生成り姫」は、非常に哀切な話になっておりますが)



今でも宇治の橋姫神社は、縁切りの神社として名高いです。
橋姫神社のご祭神は、実は瀬織津姫様なのです。

川の水で穢れを流して、縁切りをするのですね。そして、良縁を呼び込んでいただくと。


ちなみに、大祓祝詞で瀬織津姫が登場するのは、最後の部分です。
《前略》
遺る(のこる)罪は在らじと 祓い給い清め給ふことを
高山の末 短山(ひきやま)の末より 左久那太理(さくなだり)に落ち多岐つ(おちたぎつ)
速川の瀬に坐す(ます)瀬織津比賣(せおりつひめ)という神 大海原(おおうなばら)に持ち出でいなむ
かく持ち出で往なば(いなば)
荒潮の潮の八百道(やおぢ)の八潮道(やしおぢ)の潮の八百會(やおあひ)に坐す(ます)
速秋津比賣(はやあきつひめ)という神 持ち加加(かか)飲みてむ かく加加飲みてば
気吹戸(いぶきど)に坐す(ます)気吹戸主(いぶきどぬし)という神 根の国 底国(そこのくに)に気吹き放ちてむ
かく気吹き放ちてば、根国(ねのくに) 底国(そこのくに)に坐す(ます)速左須良比賣(はやさすらひめ)と云う神 
持ち左須良い失ひてむ かく左須良い失ひてば
罪と云う罪は在らじと
祓え給え 清め給ふ事を 天つ神 國つ神
八百萬神達(やおよろずかみたち)共に聞こし食せ(めせ)と白す(まおす)

(現代語訳)
すべての罪は祓われて後に残る罪はなくなるようにと神様に祈って祓い清めていただきます。
高い山の頂上や低い山の頂上から、谷間を勢いよく下る流れの速い川におられる瀬織津比売という神様が、すべてのものの罪穢れを押し流して大海原に持っていって下さるでしょう。
このように持っていって下さったなら、荒々しい潮流があらゆる方向から集まって、それが重なり渦を巻いているところにおられる速秋津比売という神様が口を大きく開けて、すべての罪穢れを手にもって、がぶがぶと勢いよく飲み込んで下さるでしょう。
このように呑んで下さったら、息吹処(いぶきど)という息を吐くところにおられる息を司る息吹戸主という神様がすべての罪穢れを根の国、底の国に息を吹いて吹き飛ばして下さるでしょう。
このように吹き飛ばして下さったなら、根の国、底の国という幽界におられる速左須良比売という神様が罪穢れを持ってさすらい歩き、どこともなく捨て去ってなくして下さるでしょう。
このようにさすらい歩き、罪穢れをなくしてしまったならば、一切の罪という罪はなくなるだろうと、神様に祈って祓い清めていただくことを天上の神様も、地上の神様も、その他すべての神様も、ご一緒にお聞き入れ下さいと申し上げる次第であります。
祓戸の神様が4人でチームを組んで、連携プレーで罪・穢れを祓って無いことにして下さるというのです。

(余談ですが、即位礼の日から祝詞のCDを低音量でかけ続けたり、自分でも大祓祝詞を唱えたりと自衛しています)

祓戸の4柱の神様は、瀬織津姫、速秋津姫(はやあきつひめ)、気吹戸主(いぶきどぬし)、速左須良姫(はやさすらひめ)という神様です。

1人の男神と3人の姫神のチーム。

何となく、この情景が浮かんでしまった。

 即位礼 安倍総理 秋篠宮家

 即位礼 秋篠宮皇嗣殿下 束帯姿

 即位礼 紀子妃殿下

 即位礼 眞子内親王 十二単姿

 即位礼 佳子様
 画像はremmikki様よりお借りしました

皇嗣殿下は、束帯姿が似合う。紀子妃は相変わらずおきれい。余裕が半端ない感じ。眞子様、佳子様もおきれいです。

秋篠宮家の方々がおられることで、日本はどれだけ救われていることか。

 即位礼 般若
 皇室掲示板より

そういや、即位礼には般若もおりましたね(笑)。

安倍総理は、安倍晴明の子孫でもあったんでしたっけ。
皇室に関しての見解|夢の宮

(安倍さん、万歳三唱しながら、広間の縁を思いきり踏んづけてます(笑)。ぶぶ漬け宮内庁は誰も注意せんのか。昭恵夫人は、後日、堂々同じドレスを着回して、祝う気まるでなし(爆)。安倍さん、昭恵さん、正直で好き)

祓戸四神と陰陽師の子孫で、般若を鎮めるのは、橋姫伝説の再来ですな。


女性は大いなる力があります。水のように従順で、水のように生物を生み育て、一方で怖ろしい力で破壊しつくす・・・
この度の災いで水の力を日本人は、嫌というほど、知りました。

瀬織津姫をお祀りする神社に、お参りしたくなりました。

しかしながら祓戸四神をお祀りする神社は、実は非常に少ないのです。神様が封印されているだけに。
その数少ない神社のひとつがここ。



(私は封印されている神様は、そのままにしておいたほうがいいと考えています。意味あって正体が隠されているだけであって、存在はされておられるので。あまり神様の“正体探し”には興味がないのです)

他にも瀬織津姫様をお祀りする神社は、こちらで調べられます。




なにとぞ良きことききますように。


(昔、読んだ本です。天照大神が男神(中世、伊勢神宮では、天照大神に男の衣装を奉納していた説あり)だっという説を紹介しています)




【おまけ】



ナル天さんが、お召しになっていたのは太陽が一番高くのぼった時の色の黄櫨染御袍ではございませんでした。
(まるでウ○○色)

明仁上皇の御袍も渋すぎた。二代続けて真の帝はおられない状態だったのですね。

 今上 明仁天皇 退位の儀式

宮内庁正義派が、本当の黄櫨染御袍を準備されておられる方は、もうお察しですね。

 即位礼 秋篠宮様 黄丹袍

このお方の袍(東宮のお召しになる黄丹袍)は鮮やかな色(登り始める太陽の色)で、良かった。
一日も早く、皇嗣殿下が鮮やかなミカドイエローの黄櫨染御袍をお召しになられる日が、まいりますよう。



ナル天、マサドンコーゴー即位とほぼ同時にこの報道があったということは・・・。それも「婿・養子」案を想定とのこと。

すると、あのお二人の立場は推して知るべし。



水間先生、お元気で良かった。私たちも読んで、真実を知り、理論武装しましょう。


アネックス(別館)のほうも更新しました。よろしければ、のぞいて下さい。
鶴翼の陣!|夢の宮 アネックス(別館)


悪しきものを祓いたまいて、常に正しきことを行わしたまえ



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
皆さまがお幸せでありますように。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

管理人のEki-MAJOに、ご相談したいことがある時は、メッセージ欄からメールアドレス入力の上でご送信下さい。

折り返し、メールでお返事させていただきます。内容によっては有料になります。ご了承ください。

(メールアドレス入力無しのメッセージは、お返事が出来ないので、非公開希望のコメントとして読まていただいてます)

以下の点、ご注意、お願いします。

・コメント頂いた方は、コメント明記下さい。多少ですが、勉強させていただきます。

・メールアドレスは、正しくご入力下さるようお願いします。お返事ができません。

・占って欲しいことは、依頼前にすべてデータを下さるとあり難いです。後から申し出られると、追加になります。