こんにちは。夢の宮へようこそ。

管理人のEki-MAJOです。

 

以前に告知したように、タロットカードを新調しました。

 

その新しいカードで、いろいろと占ってみました。今後の展開の予測のお役に立てれば幸いです。

 

先日、羽生結弦さんの国民栄誉賞受賞が決定しました。

 

過去記事のほぼ予想通りでした。

 

>で、特例君は国民栄誉賞を受賞できるかどうか

 

>現在→『節制』(普段通り、受賞の機運がまったく高まらない)

>過去→『魔術師』(五輪連覇、陰陽師を題材にしたFSだった。策を尽くしてズルしてもいる)

>未来→『女教皇』(真実を吐露する、まさかの謝罪会見?!)

>最終結果→『運命の輪』(運命の輪が回り、トンデモな展開になる)

 

>マスゴミはもう辞退の方向を匂わせていますが、辞退の可能性は

 

>現在『力』(辞退する気はない、受ける気マンマン)

>過去、もしくは現在への邪魔『死』(突発的トラブル、朝鮮飲みを披露、手痛い失敗)

>未来『戦車』(マスゴミを使ったキャンペーンを展開するつもり)

>最終結果『太陽』(栄光を手にするが、真実も露わになる)

 

女教皇は謝罪会見と解釈しましたが、「周囲からの冷めた反応」とすべきでした。

運命の輪で受賞は出来た。厳しいのはこれからと。(太陽の力で、隠されたものが露わになる)

 

私は、受賞されても辞退しても良しとの考えでしたが、()君と背後の朝鮮スケート連盟とS価学会は、どうあっても受賞して欲しかったようです。

 

(今後は、S価の影の尊師路線、もしくは佳子内親王のお相手路線もアリだったんでしょう。図々しい。

何故か関係ないはずの皇室画像掲示板にまで、()の顔写真付きのスレがUPされ、荒れた模様。ビンゴ?)

 

 

今後を占うと、あまりのスゴさにあいた口がふさがりません。

(さすが、国民栄誉賞のデス賞効果!)

 

まずは、(大アルカナの)5枚引き。

 

1.現在:正義 (決定、冷静、客観的、厳しい)

2.現在から考えられること:審判(逆) (変わらない、救われない)

3.アクシデント:力(逆) (無理にポジティブ)

4.近い未来:節制(逆) (バランスが崩れる)

5.遠い未来:隠者(逆) (理想ばかり追う)

 

ヘキサグラム

 

1.過去:金貨6(逆)(不平等、不公平)

2.現在:杯10(逆)(疎外感)

3.未来:剣6(逆)(間違ったやり方、やり遂げられない)

4.対策:剣4(逆)(緊張が続く、休めない)

5.環境:戦車(逆)(思うようにならない、負ける)

6.願望:金4(堅い守り)

7.結論:金貨A(手ごたえがない、成果が出ない)

 

言葉を失います。逆位置の多さ!

正位置ばかりが良い訳でもなく、要はバランスです。そのバランスの悪さ・・・

 

過去に金貨6(逆)が出てるのが、苦笑ですね。実際、スケ連のえこひいきの結果ですから。

やはり勝ち(プラス)ばかり、ため込み過ぎたようです。

 

運勢学では、結局のところ「幸と不幸はプラマイゼロ」なのです。『開運のために・・・』

 

 

面白いのは、ブライアン・オーサーとの関係が終わりになるのが見えてきました。

 

 

それで、オーサーは指導する選手が、増えてしまって今後どの選手を中心に指導してゆくのか?3枚引きでカードに聞きました。

 

1.()王者:杯3(逆) (嫌いな人と一緒にいる)

2.金博洋(ボーヤン・ジン):剣3 (傷つくほどに強くなる)

3.ジェイソン・ブラウン:剣8 (自分に勝つ)

 

次にオーサーのヘキサグラム

 

1.過去:金貨P(逆)(知ったかぶり)

2.現在:剣3(傷つくほどに強くなる)

3.未来:剣4(逆)(緊張が続く、休めない)

4.対策:剣6(任されてやり遂げる)

5.環境:杯10(家庭の幸せ)

6.願望:金貨6(利益を分け合う)

7.最終結果:杯5(逆)(後悔する)

 

おっとっと、現在の位置に剣3が!なんと黒師匠、現在はボーヤン君が意中の様子!

 

ce43ab60.jpg

金博洋(ボーヤン・ジン)選手

 

当然でしょう。欲の深いオーサー、ボーヤン君の後ろのチャイナマネーに目が眩んだな。

( ̄ー ̄)ニヤリ

 

(ボーヤン君は最高難度の4Lzも跳べるし、()みたくGOEの爆盛はしなくても済む)

 

ブライアン・オーサー

 

驚いたことに、コーチとして正当に評価されたい欲もあるようです。(剣6)

(でも、3回イカサマをやったのでもう手遅れ)

 

特例氏と、黒師匠のケルト十字を続けて見ます。

 

()

1.(現在の)問題:杯王(逆) (面倒から逃げる、優柔不断)

2.援助/妨害:棒P (生き生きと今を楽しむ、大きな夢)

3.願望:剣6 (任されてやり遂げる)

4.過去:杯A(逆) (愛と興味が冷める、心が一つにならない)

5.現在:棒8 (スピードと勢い、追い風に乗る)

6.未来:運命の輪(逆) (不自然な流れ、悪いタイミング、堂々めぐり)

7.問題に対する姿勢:恋人 (心が通じ合う、良いパートナシップ)

8.環境:吊るし人 (忍耐して成功、苦労や困難の先にある幸せ)

9.対策(恐れていること):金P(逆) (知ったかぶり、経験が浅い、自分で考えない)

10.結果:杯3(逆) (ふざけて失敗、嫌いな人と一緒にいる状態)

 

Oーサー

1.(現在の)問題:棒8 (追い風に乗る)

2.援助/妨害:剣P(逆) (虚勢を張る)

3.願望:杯A (愛情の始まり)

4.過去:運命の輪 (良いタイミング、チャンス)

5.現在:金8(逆) (適当にイヤイヤ続ける)

6.未来:杯騎士 (優雅さ、しゃれっ気)

7.問題に対する姿勢:金4(逆) (ケチ、独占)

8.環境:吊るし人(逆) (身動きできない)

9.対策(恐れていること):金6(逆) (利益を分け合う)

10.結果:杯王(逆) (面倒から逃げる、優柔不断)

 

注目するのは8(環境)に、吊るし人(逆)が出てること。特例氏の8にも吊るし人(正)が出ています。

正逆の違いはあれ、同じカードが出た。どこまで仲が良いんだ、この二人。(呆れ)

 

一方は正しい犠牲になり、一方は身動きがとれなくなる。フィギュアスケートの『犠牲』として、歴史に残るかもね。

(この二人、よく同じカードが出る。一蓮托生)

 

(()の始まりも杯王(逆)で、Oーサーの最後も杯王(逆)!仲良いね~。おまけにOーサーの三択の杯3(逆)が結果)

 

しかし、Oーサー、金貨のカード(逆)ばっかり!なんというガメつさ!

 

()の結論に杯3(逆)が出てるので、案外、日本に帰らず、カナダに居たままかもしれません。

 

選手仲間や、関係者、ファンからは「キノコ」または「毒キノコ」と言われ、嫌われている様子。

杯のカード(愛情運)が(逆)ばかりなのにも、表れています。

 

そして、Oーサーの結論は、杯王(逆)で選手を抱え込み過ぎて、仕事に無気力になる様子が見てとれた。

米中露でOーサーを潰す共同作戦かもしれない。こわー。

 

 

 

読者のN様から頂いた占いの結果でも似たようなものがありました。

 

>杯7(正)吊し人(正)棒ナイト(逆)杯A(正)金2(逆)力(正)正義(逆)

(ヘキサグラムです:管理人注)

 

特に5番目の環境が金2(逆)というのが、またロコツ。両天秤をかけてる暗示です。

 

またN様からの占いで気になることが・・・

 

>今や国民栄誉賞の話題をドン・ファン事件に持ってかれている感のあるスケ連ですが、今後について。
>杯7(正)金6(正)吊し人(逆)金5(逆)棒8(正)塔(正)剣騎士(正)

 

6番目の願望に塔が出てることが・・・、破滅を望む、何らかの不正の内〇〇発か。結論の剣騎士。情熱的な剣のナイトが剣を振って戦う暗示。

 

スケ連内部でも、レスリングや大相撲、日大アメフト部のような《浄化》が必要と思っているマトモな職員もいるということ?

 

(「フィギュアスケートのヴィーナス」様ブログでも、内〇〇発を匂わせるツイッターの書き込みが記事になっておりました)

 

 

自分でも簡単に(5枚引きで)占ってみました。

 

スケート連盟(特にA川の周辺)の今後は?

 

1、現在:悪魔 (策略、深くのめり込む)

2.現在から考えられること(過去):恋人(逆) (邪魔が入る、悪いパートナシップ)

3.アクシデント:審判 (気づいて良くなる、復活・再生)

4.未来:死(逆) (極端で早すぎる決断、辛い別れ、リセット出来ない)

5.遠い未来:太陽(逆) (急速に衰える、目標に到達できない、目立ち過ぎる)

 

何か、ありそうですね。未来に行くほど辛くなる。

 

 

ついでに気になるこちらも、簡単に

 

サッカー日本代表 W杯は、どんな調子?

1、現在:皇帝(逆) (変化を嫌う、意固地、安全だが自由がない)

2.現在から考えられること(過去):審判 (気づいて良くなる、大事なことを教えられる)

3.アクシデント:女教皇 (真実、信念ある強さ、秘めた情熱、静けさ)

4.未来:正義(逆) (間違った判断、捻じ曲げて考える)

5.遠い未来:戦車 (上手に抑制する、前進、知恵で困難を克服)

 

一見、良さげなカードが出ましたが、実に厳しいですね。

 

特にアクシデントの「女教皇」!『真実』が露わになりそうな暗示です、S価の存在など。

 

W杯の結果は未来の正義(逆)でしょう。間違った判断、そのままです。

スポンサーとS価に忖度した結果ですから、仕方がないですね。

 

遠い未来に「戦車」が出てるのが、まだしも救いです。

今回の監督解任事件が「雨降って地固まる」であることを祈ってます。

 

(個人的には、中島翔哉君や浅野拓磨君が呼ばれなかった時点で、嗚呼、終了…と思いました。協会は、ハリル監督に起用された選手は意地でも使わない方針でしょう)

 

サッカー協会や朝鮮スケート連盟のような『裏』がある組織は、アクシデントに女教皇や審判という《裁き》系のカードが出てるのも、興味深いところです。

 

bea12cd6.jpg

浅野拓磨選手

 

 

<追加です>

ボーヤン君の今後の運勢を忘れたので

 

1、現在:太陽(逆) (目標に到達できない)

2.現在から考えられること(過去):運命の輪(逆) (不自然な流れ、悪いタイミング)

3.アクシデント:恋人(逆) (邪魔が入る、心が通じない)

4.未来:魔術師 (アイデア、多くの可能性、ミラクル)

5.遠い未来:女帝(豊かに繁栄する)

 

過去の運命の輪(逆)などを見ると、例の不正採点疑惑で辛い思いをしたんだな、と胸がつまります。現在も前途多難。オーサーとの関係も良くなさげ。

しかし、未来が明るい兆し。魔術師と出てるので、やはり彼も木馬か?どうぞ、潰してやって。

 

不正採点疑惑、再燃するか?

 

1、現在:皇帝(逆) (変化を嫌う、意固地、動かない)

2.現在から考えられること(過去):法皇 (道徳、正しい道筋、力)

3.アクシデント:悪魔 (策略、誘惑、深くはまり込む)

4.未来:世界(逆) (未完成、一歩不足で不完全)

5.遠い未来:塔(衝撃的な事件、予想外の出来事)

 

特に過去に法皇が出てるので、もう不正はたくさんのような感じがISUの中にもある様子。

遠い未来(一年ほどで)、ズバリ再燃する可能性はある!

<追加、ここまで>

 

 

 

今回、(裏のある)アスリートを占ってみたので、続きでまっとうに戦うアスリート達を占いました。

 

 

今後、新カードでの占い、しばらく続けます。政治・外交偏や皇室編などに。

 

 

特例氏のボロボロになってゆく様子が見透かせた一連の占いでした。

 

 

 

【おまけ】

以前に読者のO様から、こんなコメントを頂いたことがありました。

 

>真央ちゃんの『鐘』についての音楽家の方のブログを、胸がしめつけられる思いで読みました。真央ちゃんとタラソワ先生の覚悟と闘い。身体が震え、泣きそうになりました。

>タラソワ先生で思い出したのが、先生と()の平昌五輪でのハグ。二人の関係を最近知りました。

>数年前にタラソワ先生が()に、「ぜひあなたに滑ってほしい」と『ノッテ・ステラータ』のCDを渡した。ノッテ・ステラータはバレエ『瀕死の白鳥』の曲で、サン・サーンスの『白鳥』に歌詞がついた歌。()は『ノッテ・ステラータ』を平昌五輪エキシビションまで合計8回滑った……と、()ファンがブログに書いていました。
>それを知り、ある仮説が頭に浮かびました。

>ここからは私の妄想です。
>T先生が()に『ノッテ・ステラータ』を贈ったのは、先生が彼の才能を認めたからではなく、()と〇コーチと関係者へ宛てたメッセージだったのでは? と推理しました。
愛弟子をいじめ、フィギュアスケートを汚した者たちへの、T先生からのメッセージが『ノッテ・ステラータ』。

 

>瀕死の白鳥。
>()や〇コーチや関係者は《瀕死の白鳥》になる、という予言。言霊。

>『鐘』が様々な危機を知らせる警鐘のプログラムだったように、『ノッテ・ステラータ』は先生の強い想い(怒り?)が込められたものだったのでは……? と推理。その曲を何度も滑った彼は今、嘘とお〇〇〇で瀕死の状態です。

>もしかしたら草〇と白鳥もつながりがあるのでは? と調べたら……ありました! 〇〇女子短期大学の愛唱歌が「白鳥」。学園祭の名称が「白鳥祭」。(知った時はマジでビビりました)

>私は知っているよ。あなたたちの罪も、あなたたちの後ろに隠れている者たちのことも。

>………なーんてストーリーを考えました。まぁ、あくまで物語ですので(笑)

 

 

 

タチアナ・タラソワコーチ(愛称:タラママ)は、怒っていたそうです。

「日本(内実は朝鮮)スケート連盟は、真央を守らない!」って。

 

タチアナ・タラソワコーチ(左)と浅田真央さん タラママもマゼンタ(愛)が似合う人だった・・・

 

だからこその警告の『鐘』のプログラムだったし、呪いの「瀕死の白鳥」だった。

(『鐘』で金メダルが取れなきゃ、何かおかしい!と)

 

https://blog.goo.ne.jp/risapiano/e/9d0ab0a13b2f6a905304bba839406502

↑『鐘』の意味について解説して下さるブログです。

 

 

()とS価の繋がりをタラママはご存じないだろうと私は思っていましたが、S価、ロシアでも布教してたんですね。案外、ご存知だったかも。

 

ロシア人は、バレエ芸術がDNAに組み込まれているような人たちです。

 

もちろんタラママも「瀕死の白鳥」は、実に意味のある演目だということを、よくご存じのはず。

 

小品ながら、当代一流の実力あるバレリーナでないと踊りこなすことは出来ません。

アンナ・パブロワ、マイヤ・プリセツカヤ、ウリヤーナ・ロパートキナ・・・。

 

参考のためにリンク貼っておきます。

リレハンメル五輪金メダリストのオクサナ・バイウルの「瀕死の白鳥」

 

バレエをみっちり訓練した人が、フィギュアスケートを滑るとこうなるというお手本です。

まさに氷上のバレエ。( ̄д ̄)ウットリ

 

 

比較のためにバレエから、ウリヤーナ・ロパートキナの「瀕死の白鳥」

 

 

 

ウリヤーナは、重力をまったく感じさせない滑るような踊りが見事です。白鳥の最期の生命力の輝きが胸を打ちます。

 

踊り終わった後の、片足を引いての優雅な宮廷風のお辞儀は、バレエが実は宮廷舞踊から発展したことの名残りです。

 

 

 

男女の違いはあっても、レベルが違いすぎる。

 

 

滑るうちに、「曲の難しさに溺れろ」というタラママの『呪い』?

もう8回も滑ってるなら、効力発動ですね。(8は完全数)

 

成就するよう祈ってます。(^_^)v 

さすが、おそロシア・・・(笑)。

 

 

 

悪しきものを祓いたまいて、常に正しきことを行わしたまえ

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

皆さまがお幸せでありますように。