こんにちは。夢の宮へようこそ。

管理人のEki-MAJOです。

 

久しぶりに、日本の神様ネタに戻ってきました。

(言い訳のようですが、日本の神様には、なかなか歯が立たない)

 

特に、国津神、縄文からの古き神には・・・

 

 

歴史的に言うと、武家が信奉した神の代表が八幡神と諏訪の神でした。

 

八幡神は武運長久を、諏訪の神は勝運を授けてくれる神様と考えられていました。

 

 

古事記の出雲国の国譲りで、諏訪の神(タケミナカタ)は登場します。

 

お諏訪様(タケミナカタ)は、大国主命様の息子です。

 

天照大神の命を受けて、国を譲れと迫るタケミカヅチ(鹿島様)に対して、力比べ(相撲?)で

挑戦して、敗れて諏訪まで逃げてくるというストーリーです。

 

(この時、タケミカヅチがタケミナカタに仕掛けた《技》が日本古来の武術、相撲や柔術の基本だそうです)

 

諏訪まで逃げてきたタケミナカタは、「決して諏訪から出ない」と誓わされます。

神無月(旧暦11月)に、日本中の八百万の神様が出雲に集まるのに、タケミナカタだけは決して諏訪を離れない。

 

 

戦いに敗れたはずのタケミナカタですが、中世以降、勝運を授けてくれる神として東国を中心に信仰されてゆくことになります。

 

きっかけは征夷大将軍・坂上田村麻呂が、諏訪大社に東北平定を祈願し、見事に蝦夷の

指導者、阿弖流為(あてるい)に勝ったからです。

 

以降、東国の武士を中心に信仰が広まってゆくのです。(武士にとって、戦いに敗れることは死と同じ)

 

平安後期の今様をあつめた歌謡集の『梁塵(りょうじん)秘抄』には、

「関(関ケ原)より東の軍神(いくさがみ)、香取、鹿島、諏訪の宮」とあります。

 

 

3460d0e3.jpg

管理人撮影:近くの諏訪神社 住宅街の中にこの厳かなたたずまい

 

 

私が、神社のチェックをする時に欠かせないのが、歴史上の有名人物との関りです。

そういう人物に関わることで、神様の神徳が増えたり、変ったりします。

(日本の神様はフレキシブル)

 

諏訪の神の場合は、『勝つ』ことに神徳が増えた、もしくはシフトチェンジしたのです。

(それ以前は、大和朝廷に敗れた人々を慰める神だったと、管理人は考えております)

 

お陰で、源頼朝や北条一門、足利尊氏、武田信玄、徳川家康といった歴史上のビッグネームの武将たちが、諏訪大社に社領を寄進(神社に自らの土地を寄付すること)したり、武運長久と隆盛を願いました。

 

以降、多くの武将に信仰され、または全国の武将たちの領地に《勧請》(かんじょう=分社)されてゆきました。

 

昔はなかなか、諏訪まで行けないですからね。

(今でも、全国に五千ほどの諏訪神社・諏訪宮があるのも、武将たちの信仰が篤かった証拠でしょう)

 

今でも、各種の勝ちたい人に信仰を集めています。

スポーツの試合で勝ちたい学生、アスリート。各種資格、昇格試験に『勝ちたい』人たちに。

 

 

諏訪大社は上社本宮、上社前宮、下社秋宮、下社春宮と計4社からなる神社です。

 

 

ちなみに、日本のスケート競技発祥の地が諏訪でした。

下社秋宮リンクで大正年間に、フィギュアスケートやアイスホッケーの日本初の試合が行われました。

 

そして平昌五輪500m金メダリストの小平奈緒選手の出身地が、諏訪湖のほとり、諏訪大社上社の門前町・茅野市です。とても、偶然とは思えない。

 

ee6f0717.jpg

 

(イカサマで勝った妓生・金妍児が招致した平昌五輪が呪われ続けたのも、諏訪の神を怒らせたからかもしれません。日本を「呪った」ら、「ノロ」ウィルスの蔓延という結果で返ってきたり)

 

 

諏訪の神とセットで各地に勧請されたのが、ご神体山・御射山(みさやま)でした。

 

この御射山の神が、古代の蛇神(もしくは龍神)のミシャグチの神といわれています。

諏訪の表向きの神はタケミナカタですが、裏の真の神は、実は・・・と言われています。

 

(石神井(しゃくじい)や釈迦堂などの地名にも、ミシャグチ神の名残があると言われます。

もしくは《石》の神だとも)

 

諏訪大社 上社前宮

 

ミシャグチ蛇神を密かに祀っていたと言われるのが、諏訪大社 上社前宮。

(4社のうち、もっともシンプルな社殿)

 

諏訪の宮司にあたる大祝(おおはふり)の屋敷があったのも、実は前宮でした。

 

(前宮の御室社(おむろしゃ)の地下に室(籠るための空間)を作り、ミシャグチ神と共に特殊な神事を行っていたそうです)

御室社-諏訪大社と諏訪神社

 

(諏訪大社は上社前宮だけでなく、4社ともお参りしておきましょう。それぞれ、パワースポットや祈念する場所があります。上社本宮の硯石や下社秋宮の一の柱の近くのご神木など)

 

 

特に蛇神系の神様は、力も強いが、怒らせると恐いのです。

 

諏訪を手に入れようとした、甲斐武田家が諏訪の神の怒りをかって滅んだように。

 

 

参拝の際は、マナーを守って参拝しましょう。マナーを守りさえすれば、怖い事はありません。

神社参拝のツボ まとめ

 

(ミシャグチ神への呼びかけは、「古き諏訪の神・ミシャグチ様」もしくは「諏訪大明神様」で構いません)

 

 

明治政府の国家神道の密かな《弾圧》の対象のひとつが、諏訪大社だったのは間違いない。

一社につき宮司は一人という制度は、諏訪大社にとって大打撃でした。

 

(もうひとつが、千家家と北島家が交代で宮司を務めていた出雲大社。どちらも国津神の代表。出雲大社は千家家が宮司となり、北島家が出雲教を組織して、現在に至ります)

 

 

大祝(おおはふり)の諏訪氏に神長官(じんちょうかん)として仕え、密かにミシャグチ様を祀る神事を伝えてきた守屋一族が、神職から解任されたからです。

 

そのお陰で諏訪大社に伝わる古祭祀の多くは、失われた可能性があります。

 

大祝の諏訪氏も、今は諏訪におらず、神事にも関わっていないとか。近代化の陰に隠れた明治政府の功罪は大きいです。

 

神長官守屋資料館

茅野市宮川389-1 電話番号:0266-73-7567 

 

諏訪にお参りの際には、ぜひ行ってほしい(上社本宮と上社前宮の中間)。

 

諏訪大社が、縄文からの独自の特殊な古祭祀を伝える神社だということがよく分かる。

(子供には向かない、展示内容かもしれません)

 

それでも、今に伝わる謎の祭祀もあります。正月に行われる蛙狩神事など。(馬鹿なパヨクが動物虐待だ!と攻撃してますが)

 

御頭祭などは、縄文の古祭祀そのものですね。生贄祭祀…?時には人も…??

(7年ごとの御柱祭も必ず死傷者が出る危険な祭りなのにも関わらず、続けられてきました)

 

c595bb01.jpg

 

(祭祀担当の神社は違いますが)諏訪湖の御神渡りも、あまりにも有名ですね。

 

 

また諏訪は日ユ同祖説の有力な論拠となる場所でもあります。

 

 

 

諏訪の神の歴史を、いろいろと紹介しましたが・・・

 

取りあえず『勝ちたい!』時には、諏訪の神様にお参りしましょう。

産土神様とのセット参拝をお勧めします)

 

お近くの諏訪神社はこちらから探せます

建御名方神-パワスポコム

 

 

 

これからの日本は「負けられない」戦いが待っています。

 

 

日本の外の敵と、内なる敵とに対して。

外なる敵は特亜三国。内なる敵は、S価学会と、S価や半島勢力に汚染されたマスゴミです。

 

 

 

fd721948.jpg

 

 

d4ab12c8.jpg

 

 

今度こそ必ず、勝ちましょう!

 

 

 

悪しきものを祓いたまいて、常に正しきことを行わしたまえ

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

皆さまがお幸せでありますように。