こんにちは。夢の宮へようこそ。

管理人のEki-MAJOです。

 

先日、予告した通り、東京近辺の天神様にて鷽(うそ)の人形をいただいてきました。(どちらの天神様だったのかは、ご容赦下さい)

 

d0ec6e5c.jpg

鷽、ゲットしました!取ったどーッ!(管理人撮影)

 

世の中にはびこる『ウソ』が『まこと』に変るよう、願ってまいりました。

いやー、寒かった。今年の寒さは格別ですね。

 

凶を吉(小吉ぐらい)に変えるのが神事の基本なのに、神道のトップの天皇が神事そっちのけというヘンな時代に居合わせてしまったので、いろいろとやってます。

 

神前で祝詞を唱えたら、風が吹いてきたので(寒い!)、祈りが届いたなと思いました。

 

 

 

東洋経済 2018年1月27日

平昌五輪開会式への出席で問われる安倍外交 紆余曲折の末の「首相勇断」で成果は出るか?

 

先日、ネットで大炎上した、安倍総理の平昌訪問も、そう悪いことじゃないんでないの、と思ってきたところです。

 

あの、K国に恩を売れますからね。ペンス米国副大統領も訪韓されるわけだから、二人で文在寅に「日韓合意を守れ」と圧力をかけられるわけです。

(米国側から、総理の訪韓を要請したらしいです)

 

案の定、招待はしても来ると思ってなかったK国側は大慌てだとか。

(今さら来るなとは言えないし、どうすんだろうね?文トラ)

 

 

 

その上、安倍総理には、最終兵器アッキー(昭恵夫人)がいる(笑)。

 

二人での訪韓になると、面白い。アッキーはデスブログならぬデスワイフだったんですね。

 

霊感雑記帳2様より

【ミラクルアッキー】((((;゚Д゚)))) 安倍昭恵夫人「政界版の東原デスブログ」ではと話題になる

森友騒動の時の昭恵夫人の武器は「祈ります」でした

祈るとは、意に乗るという言霊でしたよね

多分、求められたから引き受けてしまっただけなんでしょう

そこにあるのは、善意だったと思います

そして、利用しようとした側が、炙り出されたと言う事


本当に面白い人ですよね

(記事より一部抜粋させていただいてます)

 

私もまったく同感です。昭恵夫人は天然で、お嬢様だから警戒心がまるでない。

利用しようとする人間の裏を読めない。(ここまでは、マリー・アントワネットと同じ)

 

マリー・アントワネットは人間の裏を読めずに自滅してゆきましたが、アッキーのスゴイところは、利用しようとした人間がなぜか勝手に自爆してゆくという・・・(笑)。無敵のデスワイフ。

 

こういう奥様を適当に泳がせながらも大事にし、飼い慣らす安倍ちゃんて、やはりスゴイ人かも。

(ルイ16世は妻を飼い慣らすことに失敗したのが、悲劇に繋がりました)

 

(いつの間にやら、外国人就労者が激増してるという不安要素はありますが)

 

941c7e3a.jpg

 

昭恵夫人、お洒落だけど、色遣いはシック過ぎるかな。もっと華やかな色を使ってもいいのでは?

 

訪韓の際には、ぜひ、赤やマゼンタを使って欲しいものです。

見えないところでもOKですので。

 

なぜなら、赤は『魔』除けの色で、マゼンタは『呪い』よけになる色です。

 

赤は血の色、生命力そのものの色で、『魔』をよけるワケです。

マゼンタは『愛』のパワーで呪いをはじき返す。(祝詞で返すやり方もある)

 

あの国に行くんだから、これぐらいは自衛しないと。(あの宜保愛子さんも行くのを嫌がったのは有名な話)

 

なにせ寒さとトイレ不足から、五輪開会式に紙オムツ(!)用意で観戦するしかない(経済評論家の渡邊哲也氏による)という前代未聞の冬季五輪です。

 

 

 

産経ニュース 2018・1・24 20:37

自民党会議で巻き起こった「安倍首相訪韓反対」大合唱の一部始終 「文在寅大統領の対北融和政策を支持するのか」

 

訪韓を勧めた二階俊博幹事長は、案の定、自民党内から総スカンだそうです。(ザマァ)

 

二階俊博と文在寅

 

この親爺に、マゼンタの爆弾(イメージの中で)をぶつけて楽しんでいました(笑)。

 

「マゼンタボンバー💣、これでも食らえ!(“Take this!”)」

 

二階の爺が善人なら、なんら影響はないはずですので。総スカンという事は、お察しですね。

(二階俊博、所詮は田舎政治家のレベルなんですよ)

 

 

(アッキーはマゼンタと似たパワーの人なんですね。好意で付き合う人、悪意で利用する人によって幸いになるか不幸になるか、変わってくるという(笑))

 

 

 

 

真央展 京都高島屋

画像引用:https://mainichi.jp/articles/20180105/ddl/k26/050/379000c

 

平成の間、片身の狭い思いをしてきた浅田真央さんもマゼンタのパワーを上手に使ってますね。

幸せになる日も近そうです。

 

(私は、なかなか結婚が決まらないカップルの女性に相談され、「マゼンタを上手く使え!」とアドバイスしたことがあるので(他の方法もやったけど)、自信を持って言えます)

 

合コンでは、マゼンタは「気が強そうに見える」のでNGという説もあります。どちらかというと相手がおられる女性向きでしょうか。

ケースバイケースで、ボトムスで使う、服よりはストールなどで使う面積を少なくする、人に見えないところで使うなど、工夫されて下さい。

センスが要求される分、合コンよりは女子会向き、自分用に着たりが向いている?仲良くなってから着るのはOK?いろいろ試して下さい。

日本人男性は女性のファッションについては無知なので、工夫が必要になります)

 

浅田真央さんは、本能的に必要な力を持つ色を選んでおられるのか、私のような(笑)色のパワーに詳しいアドバイザーがついているのか不明ですが。

 

マゼンタのパワーを活用すると、『愛』がパワーチャージされますので、焦りが消えたり、

第8チャクラが活性化して「男を見る目」が鍛えられます。

 

彼女のインスタでは、お姉さんの舞さんもマゼンタのコートを着てらしたので、姉妹ともに幸せになる日は近いという事でしょうね。そう祈っています。

 

 

 

彼女のような真の天才が、《妓生》ごときに勝てないという状況がおかしかった。その歪みももうすぐ終わる。(平昌五輪の失敗は、K国の影響力の終わりを意味します)

 

 

真央さんが幸せになると、この《妓生》は地〇に堕ちますよ。そういう因縁の二人なのです。

 

〇〇に堕ちろ、金妍児

 

 

祓いたまえ、清めたまえ。守りたまえ、幸い(さきわい)たまえ。

 

悪しきものを祓いたまいて、常に正しきことを行わしたまえ

 

 

太木数子先生じゃない、言霊(ことだま)を大事にする私が言うからには、実現します。

私は、本当の魔女だから。(人を助ける白魔女のほうだよ)

(私は「地〇に堕ちる」なんて、めったに言いません)

 

これは呪いではなく、邪な女がふさわしいところに行けという《願い》だから、私は無事でピンシャンしております。人を呪わば穴二つ、にはなりません。

 

 

文トラは、平昌のために狂っていて、平昌五輪が平壌五輪になっても平気なんでしょう。

(そのために北にカネが流れるのは、勘弁してほしい。IOCにも未だに賄賂でやられているとか。選手そっちのけ)

 

 

 

 

remmikki様のブログより

眞子さま結婚に暗雲 二大週刊誌に書かれた小室圭さん母の金銭トラブル

 

 

そして、驚いたことに、小室圭の母の借金話が、ついに二大週刊誌で出ましたね~。

文春砲と新潮砲のダブルですよ、驚きました。(小室圭、そうとうマスゴミにも嫌われてんだな)

 

(タロットで小室圭については『吊るされた男(犠牲)』と出ていたので、何かは起こると思ってましたがね)

 

2018年の運勢で『突っ走る(比肩)』のつもりでしょうか?しかし行き先は『八方ふさがり(中宮)』。

翌年2019年は『思い通りになる(乾宮)』のに、『疲れ果てる(劫財)』?

 

もう、結婚(するなら)、早々から先が見えてるじゃないの。

 

 

魔子ドンが涙ながらに、「彼とは結婚できなくなりました」と一言いえば、まだ目覚めていない国民はそれで納得するかもね。

 

そういうシナリオが出来ているのかな?それで秋篠宮家を貶められるというミテコ様の作戦でしょうか?

無駄になりそうです。

 

今年、徳仁は、表に出ると恥をかき(『離宮(昇運)』+暗剣殺)、今までのツケを支払うことになり(『印綬』)(ヤフオク発覚?)、ついでに『吊るされた男(犠牲)』の運勢なんで。

 

(踏んだり蹴ったりの運勢やな~。諦めなよ、諦めたほうがいいよ、ミッチーズ)

 

 

 

スポーツ報知 2018年1月25日 15時2分

春日野部屋暴行問題、暴行を受けた元力士が春日野親方へ「貴乃花親方みたくして欲しかった」

矢作さんは元横綱日馬富士の暴行事件で被害を受けた貴ノ岩について「貴乃花親方みたくして欲しかったですね、ボクも。貴ノ岩関かばってもらったじゃないですか。親が子を守るのは当たり前なんでそういうふうに春日野親方にして欲しかったですね」とコメントしていた。

(上記記事より一部抜粋)

 

>「貴乃花親方みたくして欲しかったですね、ボクも。」

 

大相撲の不祥事がまたも。こうしてみると、貴乃花親方の処置は正しかったではないですか。

弟子を守るという点においては。

 

そして、初場所では天覧相撲もなく、モンゴル横綱の優勝もなかった。ヨカッタ、ヨカッタ(^^♪

(栃ノ心、おめでとう!しこ名の“心”は日本人の心を大切にして欲しいからとのこと)

 

万全と思われた鶴竜は、なぜか自滅してしまった。

 

(今後しばらくナルマサのご観戦もないと思われるので、日本人力士たちも無事に活躍出来そうですね。きせのん(稀勢の里)、早く復活してね!)

 

悪鵬はかち上げ(エルボー)を禁じられたら、さっさと休場(ズルい奴ちゃ)。ここも浄化の『流れ』が来そうですね。

 

 

2b66ae16.jpg

新入幕・阿炎(あび)関(左)と錣山(しころやま)親方 

 

阿炎関は十両昇進後すぐに敢闘賞(エライ!)。 悪鵬がいたら彼も潰されていたかも・・・

そりゃ錣山親方(元関脇・寺尾関)も、モンゴル相撲が許せん訳ですね。

 

 

 

あ、そうそう、2月4日の節分ですが、こちらの記事をお読み下さい。

 

(真)日本の黒い霧様のブログより

今年も豆まきで日本を呪いますか?

 

「鬼は外」よりも「鬼も内」なんですよ、本来は。

古語では『神』も『鬼』も共に「かむ(かみ)」と読むんです、本当はね。

 

(成田山新勝寺の節分では「福は内」とだけ言う。奈良県の一部地域では「福は内、鬼も内」と唱える)

 

恵方巻もアヤシイ習慣なので、私は苦手でやっていません。

 

 

 

2点とも皇室全般画像掲示板より

 

ウソがまことに変って、早くこういう日が来ると良いですね。

 

 

 

 

官邸メール:http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

自民党メール:https://www.jimin.jp/voice/

電子政府窓口:https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

 

 

 

悪しきものを祓いたまいて、常に正しきことを行わしたまえ

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

皆さまがお幸せでありますように。