こんにちは。夢の宮へようこそ。

管理人のEki-MAJOです。

 

そうら、出た、という感じのニュースですね。

 

CNN.co.jp 2018.1.06

FBIと連邦検察、クリントン財団を捜査 汚職疑惑で

 

(CNN) クリントン元米大統領や夫人のヒラリー元国務長官が運営する慈善団体「クリントン財団」をめぐり、連邦捜査局(FBI)や連邦検察が汚職疑惑の捜査を加速させていることが6日までに分かった。この問題について報告を受けた米当局者が明らかにした。

ヒラリー氏の国務長官在任中に献金への見返りとして、不適切な形での便宜供与や同氏への特別なアクセスが約束されていなかったか調べを進めている。また、非課税ファンドの不適切な利用がなかったかも捜査している。

同当局者によれば、捜査はアーカンソー州にあるFBI支局が主導、同州の連邦検察事務所が監督している。

FBIによる初期捜査は2016年の大統領前に行われていたが、当時は証拠不十分と判断していた。ただ、司法省はFBIに捜査の継続を認め、新たな証拠が見つかればさらに追及を強める方針だった。

(上記記事より一部抜粋)

 

ヒラリー側は、トランプ大統領がロシアから金をもらっていたと非難してますが、とんでもないことに実は、ロシアとズブズブだったのはクリントン側だったという。

(シナからも貰っていたのよ、この女と亭主は!)

 

トランプさんのロシアゲート疑惑は実は商売の話、ヒラリーのは、売国の話。

 

ヒラリーが女性票を取れなくて負けたのは、実はこういうことを皆、見透かしていたからです。

 

アメリカ国民を舐めんじゃねぇ、って話で負けた訳です。

 

女だから、ガラスの天井が、って話じゃないの。

女性だから、大統領になれなかったって話じゃないの、金まみれの汚い候補だったから、勝てなかっただけの話です。

 

FBIもようやく証拠をつかんだという事でしょう。頑張って!

 

b3847e99.jpg

 

ヒラリーと仲良かったのは、ミッチーズ。ヒラリーに女性初の米国大統領になって、安倍総理に、愛子天皇即位のプレッシャーをかけようとしたけど、それも、オジャン。

 

嗚呼、良かった、良かった。めでたし、めでたし。

 

ミッチーズも本来、皇室にいてはいけない女がこうまでのさばってしまった。

 

15fcfab7.jpg

 

 

平成という時代は、不思議にも、そこにいてはいけない女が、妙にデカい顔して『センター』に居座る時代でした。

 

 

例えば、金妍児。荒川静香。

そして、真の実力者(浅田真央さん)を迫害する時代だった。

 

それも、もう終わりそうです。

 

不思議とフィギュアスケートで、現在幅を利かせている連中は2018年を境に没落してゆく運命です。

 

過去記事からの抜粋ですが、

 

>それから、金妍児。これから、地獄が待っています。

 

>2018年から2年間の空亡(戌亥空亡)が始まり、

>2019年が、ツケを支払う『印綬』の運勢と空亡が重なる。

>2020年から大運空亡(天の助けがない約20年間)の開始となる。

>3段構えの踏んだり蹴ったりの運勢。

>(なかなか見ない、こんな運勢!おまけに『印綬』と空亡が重なると厳しい。

>コイツには当然の罰ゲームですな)

この者どもの『罪と罰』 フィギュアスケート編より)

 

A川S香の運勢は

 

>彼女の2018年の運勢は、『乾宮(強運)』+『印綬(ツケを払う)』

 

>思い通りになるが、しかし、ツケを払うというチグハグな運勢とはこれ如何に?と疑問でした>が先日の五輪代表決定でわかりました。

(中略)

>A川S香、再び女子選手を(平昌で)勝たせない作戦は大成功するものの、(後輩選手やファンからの)総スカンを食らう運勢と私は解釈しました。

(中略)

>続く2019年の運勢は、『兌宮(喜楽運)』+『偏印(悩みぬく年)』。

>悩みは尽きないが、楽になる?

 

>やはり2018年中にに何らかのツケを、支払わされる可能性は充分にある(〇会長辞任?)。

 

>それで翌年は楽な立場になるものの、悩みは尽きない。

『復讐』のロジック(論理)より)

 

不思議と、金妍児とA川さん、二人とも2018年が運勢の転機でした。

(平成という暗黒時代の終わりが、二人とも運気の転換期とは、不思議なものだね・・・)

 

 

金妍児を無理に勝たせたブライアン・オーサーも、偶然にも2018年が運の転換期。

昨年のNHK杯に羽生結弦さんに同行しなかったのは、胆のうの手術のためだったそうな。

 

運の変わり目に病気になったり、怪我をしたりというのはむしろ自然。彼もこれからツケを支払わされる。

 

逆に2020年あたりから浅田真央さんの運気が変わってくる暗示です。(艮宮(変化運))

 

A川も2020年の運気は艮宮なんですが、『劫財(疲れ果てる)』年です。

 

逆に、浅田真央さんは『印綬』。悪い意味ではツケを払う意味ですが、いい意味だと「身辺整理」。

方向転換に向く運勢です。(なので連盟が頭を下げて、指導者として迎え入れる展開は充分あり得る)

 

 

ちなみに、四柱推命でも九星気学でも2月4日の立春を年明けと見なします。

まだ、今は2017年の続き、私がいう平昌五輪が『水に流れる』運気は、未だ終わっていません。

(平昌五輪は2月9日から開催予定)

 

 

読者様からいただいたコメントです。

 

>連打失礼します。最近、第六感を磨くためにタロット占いの勉強をしています。今、やっているのは、3枚引きで、過去、現在、未来を占う方法です。ムンは、来期があるかで占ったら、「吊される男」の逆位置が出ましたね。

>金妍児は、的を射ているかもなカードが出まして、
>過去→タワーの逆位置(不正による金メダルで他の選手達から無視されることで、完璧に堕ちた)

>現在→女帝の逆位置(今も、国の金で贅沢とわがまま放題)
>未来→恋人の逆位置(多淫に溺れる→キーセンとしての生き方は、今後もやめられない?)

>以上、素人のリーディングですが、マジすぎて怖かったですね。

>オリンピックの後が、怖そう。(できる、できないにしても)

 

その時の私の返答コメントは

 

>タロットは、素人、玄人の区別はありません。
>カードを読めるか、そしてストーリーを作れるかにかかっています。

>スプレッドを組むかどうかは、お好みで。(私は組まないほうがズバリだった)

 

 

私も、占ってみたら(平昌五輪の運命)、

『塔(タワー)』、『太陽』、『死(デス)』。最終結果は『審判(再生)』。

 

ストーリーを作ると、何らかの形で崩壊(会場や北朝鮮がミサイル発射)が、露わになり(太陽)、ボイコットで各国と縁が切れる(『死』)。

 

最終的に、過去の開催国の使用可能な代替会場で開催。(長野やバンクーバー、ソチを再利用で『再生』)

素敵な理想的すぎる結果です。(笑)

 

 

読者様の読んだ、金妍児のストーリーも、あり得るでしょう。

 

>金妍児は実は韓国国内では嫌われているそうで・・・。
>韓国人男性は、実は韓国人女性と付き合うのはイヤだそうな。
>どこで〇春してるかどうか、分からないから。

>アイスホッケー選手の彼氏がいたけど、その彼は風俗に通っていた。(爆)
>実は金妍児がキライだったんだね(笑)。他の男と〇春してたような女は。

(私からの返答コメントからの抜粋です)

 

 

あの国は上手くいかないと「〇〇が悪い」と言って、ガス抜きに《つるし上げ》をしますから

(朴槿恵の運命を思い出されたし)、金妍児とて例外になりそうもありません。

 

c640a5bd.jpg

 

皆さま、胸の溜飲が、ようやく下がりますよ。

 

 

 

(希望があれば、タロット初歩講座も考え中です。タロットは簡単な未来予知になります)

 

タロットはいかにカードを読むか(リーディングと言いますが、意味を覚えずとも絵を読むだけでも0K)、そのカードを繋げて、占う対象の『物語(ストーリー)』を作れるか否かにかかっています。

(その意味では占者に、相応のイマジネーションやカンが要求されます)

 

そのストーリーを、(受け入れたくなくても)受け入れることによって、運が開けてゆくというのが考え方。

 

なのでカードは、ライダースが基本ですが、気に入ったタロットカードをお選び下さい。

 

以前、テレビでタレントの栗原類さんが占うところを拝見しましたが、彼は可愛い猫のカードを使っていました。彼にピッタリでしたね。

 

不思議とカードと持ち主は、似てきます。

(タロットカードはネットで数千円から購入できます。今は良い時代になったもんです)

 

カードは可愛がって、馴染ませてあげないと。

 

 

 

それにしても、さすが日本の(汚鮮)マスゴミは平昌五輪のマイナス情報を一切流さない。

 

会場や、宿泊施設の不備(暖房施設が不備とか、お湯が出ない)とか。

日本人選手には、ブーイングや意地悪されそうだとか、先日の大地震も一切流しませんね。

 

(選手はギリギリまで日本にいて、競技だけして帰ってくる予定なんですかね。無事に帰ってこれたら良いけど・・・)

 

 

マジにクズですね、K国もマスゴミも。安倍総理はいかなくて大正解ですよ。

 

(G7首脳は、誰も平昌開会式に出席しないそうです、面目丸つぶれですね。

ソチで選手全員から無視された金妍児と、平昌五輪の運命が見事に重なりますね)

 

 

平昌五輪の崩壊が、K国と汚鮮勢力の崩壊に繋がるのは、ごく自然の成り行きですね。

今後は、いてもいなくても同じことになる。いないのと同じ扱いしかされなくなる。

 

 

我々は、笑って助けず生温かい目で見守るだけにしたいと思います。非韓三原則を守って。

 

選手たちに何か意地悪されたら、許さない構えで。

 

 

 

Yahooニュース 長崎新聞社 1/15(月) 9:09配信

強襲揚陸艦ワスプ到着 米海軍佐世保基地配備

 

このニュースをどう見るか。

 

強襲揚陸艦は、空母よりも「一発やるぞ!」という強烈なメッセージだと思うんですけどね。

(たとえ、脅しであっても)

 

揚陸部隊や、揚陸艇も搭載できて、揚陸支援攻撃能力も持つ。米海兵隊の新型ステルス戦闘機、F35Bの搭載も可能。もちろん空母との共同運用が基本。

 

金正恩は、アメリカの本意を読み違えてないか?(北の核保有は絶対に許さない!)

平昌五輪参加って、時間稼ぎなのは、アメ様はお見通し。

 

トランプさんは、案外に本気かも。(核保有容認という形で、ヘタレることはあり得ない!)

 

dfb0cb3f.jpg

 

とりあえず、日米首脳が仲が良いのは安心です。

(ヒラリー・クリントンが大統領になるより10,000倍いい!)

 

 

 

池坊保子も居座ってはいないが、たまたま自分が評議員会議長の時にこんな大事件が起きて、しかもKYな対応で相撲ファンから突き上げを食らい、参っているそうです。

 

もう携帯番号も変えて、マスゴミ取材を受けないってwww

 

スポーツ報知 2018年1月18日14時00分

池坊保子議長、「テレビに出るのは本当にこれが最後」…「グッディ!」の独占インタビューに断言

 

「ないことないことを言われて傷ついた」そうですが、昔のセクシーグラビアは、実際にやったことでしょ(笑)。ネットはコワい。

 

案外に打たれ弱かった、この婆さん。

己のヒジキまつげを棚に上げて、人のファッション(貴乃花親方のマフラー)を批判するのはどうかと思うけど。(現役時代に痛めた首の保護のためですよ)

 

(マスカラコーム、お使いなさいって。基本の化粧テクですよ、ボテボテで見苦しい)

 

(その点、さすがに故・野村沙知代さんはオシャレで、化粧もうまかった。

サッチーは自分に似合うものをチョイスするセンスは、なかなかのものだった。

何よりサッチーが一番スゴいのは、野村克也監督をつかまえたこと)

 

この調子では、じきに評議委員会議長も辞めるでしょう、池坊保子。しようもない女。

 

すると、現在の大相撲の《悪の枢軸》、悪鵬、八角理事長、高野危機管理委員長、池坊保子の一角が崩れます。

 

貴乃花親方に運が向いて来そうな予感です。

 

 

他にもいろいろと表れてくるでしょう、見苦しいものが。

 

 

a18b78b6.jpg

 

 

とおかみえみため

あまてらすおほみかみ

 

 

 

悪しきものを祓いたまいて、常に正しきことを行わしたまえ

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

皆さまがお幸せでありますように。