こんにちは。夢の宮へようこそ。

管理人のEki-MAJOです。

 

うかつにも知りませんでしたが、自衛隊の制服が変わっていたんですね。

なんか、カッコいいではないですか。

 

中杉博士のブログから

 

 

 

カッコいい軍隊の制服を作ることは、富国強兵のひとつの手段です。

このやり方を駆使したのが、かのナポレオン・ボナパルト。

 

ナポレオン・ボナパルト

 

フランス人が、特に女性が憧れる軍服を作ることによって、恋人や夫が軍隊に志願しても

応援してもらえるように。

(こういうところは、やはりナポレオンは天才です!)

 

当時、国民国家という意識が芽生えたところに、自国を自国軍で守る愛国意識が芽生え、

加えてナポレオンの天才的な軍略と、カッコいい軍服と。

 

これじゃ、当時のフランス軍がヨーロッパで、連戦連勝、負けなしになるはずです。

 

(このナポレオン戦争の時代をロシア側から描いた小説が、トルストイの『戦争と平和』)

 

 

フランス革命前後の軍服のカッコよさはもう、ウットリしてしまうほどです。 

 

6df274f7.jpg

 

かの『ベルサイユのばら』のオスカル様の軍服も、実はナポレオン時代の軍服のようですね。

(この点を指摘したのが、かのフランス文学者の故・篠沢秀夫先生)

 

少女漫画だから、見た目重視で池田理代子先生は、あえて使ったと思うんですが。

 

 

オスカルのモデルは、スイス出身で市民側についた軍人のピエール・オーギュスタン・ユランと言われていますが、多分、この方がオスカルの(ビジュアル面の)モデルだと思います。

(ちなみにオスカルの父上、ジャルジェ将軍は実在の人物です)

 

アンリ・ド・ラ・ロシュジャクラン伯爵

 

フランス革命時の内戦、ヴァンデ戦争の指導者。享年24歳

 

(もっと詳しくお知りになりたい方は、藤本ひとみ氏の『聖戦ヴァンデ』をお読みください)

 

軍事のイロハも知らない農民兵を率いて戦うために、ムッシュ・アンリ(ムッシュは貴族男性への敬称)が言った言葉がコレ。

 

「私が前進する時は後ろに続け!後退するようなことがあったら私を殺せ!私が死んだら、仇を取ってくれ!」

 

(軍隊の指示は、なるべく簡潔で分かりやすいものが良いので、優れた指揮官のセンスを持っていた人だったのがわかります。

実際、ロシュジャクラン伯爵は天才的な指揮官だったそうです。よく泣いた人でもあったらしいけど)

 

カッコいいねぇ、シビれるわ。

ムッシュ・アンリ、二十歳ばかりで女の子のような顔してるのにねぇ。

 

(しかし、ヴァンデ戦争はあまりに血なまぐさく、フランスでも研究者は少ないそうである)

 

(フランス革命時の美形度でサン・ジュストと人気を争っているそうです(笑)。

まぁ、日本の女子は両方とも好き(爆)だしね・・・。王党派とか革命派とか関係なしに)

 

 

 

 

 

 

ナポレオン時代の将軍たちは、日本の戦国武将のような感じで、フランスでは今も大人気だそうです。

 

ミシェル・ネイ元帥の銅像 wikipediaより

 

ナポレオン配下の英雄、ネイ元帥の銅像。

燃えるような赤毛で、勇猛果敢、部下の面倒見もよく、ナポレオンに「勇者の中の勇者」と褒めたたえられし男。

 

進退を間違えたために、最後は銃殺刑に処された悲劇の将軍。

悲劇的な最期もあってか、ネイ元帥の人気は今でも高く、彼の銅像はパリで最も素晴らしいと評価されているとか。

 

こんな素敵な銅像を作ってもらえるくらいだから、泉下のネイ元帥も少しは満足されてるだろうか?

(彼を処刑したルイ18世のほうは、相変わらず評判悪いわけだし)

 

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)より

フランスの英雄ミシェル・ネイを銃殺刑に導いた、たった一言の呪縛とは

 

 

 

ナポレオン戦争と呼ばれた時代の映画は(男性の軍服見たさに)なるべく見たいのだが、時間が長いものが多い!

(『戦争と平和』とか)

 

なので、この映画のクライマックス・シーンだけを繰り返し見ていました。

『エルミタージュ幻想』(監督:アレクサンドル・クローソフ)

 

 

 

世界遺産エルミタージュ美術館(元宮殿)で繰り広げられる、夢かうつつか幻かの絢爛豪華なロマノフ王朝の栄華。

クライマックス・シーンはロシアが誇る指揮者、ワレリー・ゲルギエフの指揮による大舞踏会!

帝政ロシアが甦ったようで、思わず、胸が熱くなる。

 

この時代の女性のドレスも、男性の軍服もひたすら美しいなぁ!極東のド庶民の私からすると、ため息しか出ない。

 

(ロシアの宮廷文化はフランスに倣っているので、帝政ロシアはどこかフランス的でロマンチックな感じがします。

ロシア革命って、けっこう血なまぐさいのに、日本人は勝手にロマンを感じるのはそういう一面のせいかもしれない)

 

『山猫』(監督:R・ヴィスコンティ)と並んで、私の好きな映画NO.1だった。

(ロシアの歴史を多少ご存知ないと、退屈な映画かもしれません)

 

 

 

 

 

カッコいい軍服の究極形がコレでしょう。

ご存知、ドイツ第三帝国の軍服。機能性と外見の美しさを両方、極限まで追及するとこうなるという見本。

 

 

この人はドイツ人の俳優でトーマス・クッレチマー。

『戦場のピアニスト』(監督:ロマン・ポランスキー)でも、主人公のW・シュピルマンを助けてくれるいい人のドイツ人将校を演じてらした。

 

先日も某アイドルグループの制服がナチスに似てると、大炎上したのは記憶に新しい。

だって、カッコいいんだから、日本のミーハーな女子は一度は着てみたいと思うだろ(笑)。

 

(悪いことはすべてナチスのせいにする今のドイツはだらしないと思う。ヒトラーを選んだのは他ならぬドイツ人ではないか)

 

ナチスの軍服は、あまりにストイックな美しさから、『ナバロンの要塞』のような戦争映画の不動の悪役から、

『愛の嵐』や『地獄に堕ちた勇者ども』などの少しヘンタイチック(笑)な映画もまたハマる。

 

 

軍服は外見の美しさだけでなく、機能性も備えていなくてはならない。

 

その点は今、私たちが着ている衣服、特にコートは軍服由来のものが多いのが実証している。

トレンチコートにピーコート、ダッフルコートも、みな軍服由来です。

 

 

 

日本人は健康的で健全だから、ナチスのような不健全なところはなくて安心(笑)ですな。

 

確かに、この新制服、盾の会の制服に似てる?

 

益荒男(ますらお)が たばさむ太刀の 鞘鳴り(さやなり)に 幾とせ耐えて 今日の初霜

(三島由紀夫 辞世の句)

 

249ed39e.jpg

 

自衛隊の新制服ですが、紫系なんですね。しかもラインがマゼンタ(赤紫=愛のパワーの色)とは!

 

なんかいいなぁ、マゼンタのパワーで日本を守って下さい!

 

この時(昨年11月のトランプ大統領来日時)に、もう儀仗兵の新制服に変っていたんですね。

あれ、制服がなんか違うと思っていましたが。

(靴まで、パンツにあわせて白なんですねー)

 

 

カッコいい軍服で、自国を守って何の文句があろうか!

 

 

日本は確実に富国強兵への道を歩み出しているようです。

 

 

カッコイイ軍服は富国強兵の有効な手段です。

(周りは基地外の国ばかりなんだから、富国強兵でなくては困るの!)

 

(前略)そのように、日本人の手にかかると、どんどん物がカッコよくなるのです。日本人はおシャレです。

 自衛隊が真にカッコよくなっていくことは真に良いことです。

(中略)

 この美意識を持った日本人が自衛隊の制服をつくりはじめました。日本の自衛隊は変わり始めたのです。大いに期待しましょう。

(『中杉 弘の徒然日記』より 一部抜粋)

 

58c73540.jpg

 

弥栄(いやさか)

 

 

とおかみえみため

あまてらすおほみかみ

 

 

悪しきものを祓いたまいて、常に正しきことを行わしたまえ

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

皆さまがお幸せでありますように。