こんにちは。夢の宮へようこそ。

管理人のEki-MAJOです。

 

c6ed08f6.jpg

 

『復讐するは我にあり』という言葉をご存知でしょうか?

佐木隆三氏の小説の題名として有名ですね。

(故・緒方健さん主演で映画化もされました。これは実際におきた西口彰事件がモデル)

 

実は、この言葉の元ネタは、『新約聖書』です。

 

なんかコワい感じの言葉ですが、意味は全然違います。(復讐してやる!みたいな感じですが)

 

できれば、せめてあなたがたは、すべての人と平和に暮らしなさい。愛する人たち、自分で復讐せず、神の怒りに任せなさい。「『復讐はわたしのすること、わたしが報復する』と主は言われる」と書いてあります。「あなたの敵が飢えていたら食べさせ、渇いていたら飲ませよ。そうすれば、燃える炭火を彼の頭に積むことになる。」悪に負けることなく、善をもって悪に勝ちなさい。

 

<ローマの信徒への手紙12章18節~21節(新共同訳)>

 

「愛する者よ、自ら復讐するなかれ。ただ、神の怒りに任せまつれ。主、いい給う...
復讐するは我にあり、我これを報いん」

(文語訳)

 

>愛する人たち、自分で復讐せず、神の怒りに任せなさい。

 

>「『復讐はわたしのすること、わたしが報復する』と主は言われる」と書いてあります。

 (ここでの「主」はイエス・キリストのこと)

 

「愛する者よ、自ら復讐するなかれ。ただ、神の怒りに任せまつれ。・・・

 復讐するは我にあり、我これを報いん」

 

 

なんと、『復讐は神の役割だ』とハッキリ書いてあるではありませんか。

 

「復讐するは我にあり」は神の言葉であり、人の言葉ではないんですね。

 

『ニュースとともに生きる』様より

復讐するは我にありの使い方、間違っていません?正しい意味は?

 

 

本来の意味は、「相手から傷つけられても相手を許して平和的に生きなさい。その相手が本当に悪人ならば、必ず神様が復讐して下さるから」というのです。

 

キリスト教では人はみな、死後に裁きを受けるので、悪人ならば、必ず地獄に堕ちるからという理由です。

 

(現在のカトリックでは、告解すれば悪人でも罪は神が許して下さると教義を歪めたので、実におかしなことになっています)

 

 

本来の意味は復讐してはいけませんよ!という意味なのです。

 

確かに、復讐すれば、自らの魂も汚れるのです。理不尽なようでいて、実に合理的な考えです。

 

(我が国の「人を呪わば穴二つ」のことわざを、思い出して下さい」

 

 

 

嗚呼、と思い当たるのがK国の惨状ですね。

五輪開催まで、あと50日もないのに、こんな事言ってるんですからね。

 

産経ニュース 2017・12・29 07:00

大雪に備えて開会式「Bプラン」の仰天報道 VIP毛布は厚くて大きく「寒さに身分」

 

今年の寒さは格別で、開会式であの吹きさらしの会場では凍死者が出るでしょう。

今になって屋内の会場のBプランとか言ってる?!(Bプランって、カーリングかよ!)

 

ところが、韓国日報は、VIPは特別扱いされるといい、「平昌の寒さに身分があるのか」と疑問を呈した。英テレグラフ紙の報道を引用し、韓国の文在寅大統領、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長ら160人以上のVIPには一般の観客よりも厚くて、より大きい毛布を提供する予定だと報じた。組織委の関係者は方針の検討を認めたうえで、「一般の観客には気分が悪いだろうが、スポーツ観戦では入場券の価格に応じて提供されるサービスが違う場合があるのではないか」と話したという。

(上記記事より一部抜粋)

 

バッハ会長会長などのVIPには特別厚く大きい毛布を配布・・・(苦笑)、低体温症でどうぞ

〇んで下さい、バッカ会長。

 

 

平昌五輪にまつわるすべてが上手くいかないのは、呪われているだけでなく、

神様(天)に復讐されているのかと思えば、納得します。

 

 

聖火は上手く点火しないわ、開会式会場は(倒壊の)危険があるわ、北朝鮮は暴発寸前だわで、

半島有事危機で世界が平昌五輪を嫌うようになってしまいました。

 

神に嫌われて天に復讐されし五輪とは、まさにこの事。

 

 

どちらの神様に復讐されたんでしょうね・・・?

 

フィギュアスケートやスポーツの神様、それから日本の八百万の大神様たちですね。

(神の行動原理は、洋の東西を問いません)

 

フィギュアスケートの神に愛されし、浅田真央さんをあれだけイジメ抜いたんですからね。

金妍児とK国は。協力したブライアン・オーサーも同罪です。(ついでに協力した日本スケート連盟も)

 

(金妍児を勝たしたのはサムソンマネーと、現代財閥の鄭夢準と統一教会と韓国の国をあげての八百長です。

協力したB・オーサーも無罪とは、とうてい考えられません。国がらみの悪事ですから)

 

(おまけに捏造の慰安婦問題で日本にタカろうとしたんですからね!(怒))

 

 

加えて『復讐のロジック(論理)』は復讐される人よりも、復讐される側が一番大事な相手を狙うのが効果的なのです。

 

この『ロジック』による復讐劇を描いたのが古典的ミステリーの傑作、『喪服のランデブー』。

(コーネル・ウールリッチ(=ウィリアム・アイリッシュ)原作)

 

ウールリッチ(アイリッシュ)によるミステリは作者が死後、数十年経つのに日本ではその抒情的な文体が愛されて、いまだにミステリードラマの原作に使われたりしています。

 

『喪服のランデブー』は恋人を無残に殺された男が復讐の鬼となって、殺した側(複数)の愛しいものを順番に殺してゆくというストーリーです。

 

 

羽生結弦さんが勝てないのが悔してたまらないコメントをしてくる読者様がおられますが、そんなに悔しいのなら、他の選手も無理矢理に勝てなくしては、いけなかった。

 

試合以外の場所で、しかも卑怯なやり方で(審判買収や妓生接待、練習妨害で)。

 

羽生結弦さんの唯一の過ちは、金妍児を勝たせた《穢い》勢力と、うかつにも関りを持ってしまったことです。

 

(なので、このブログは、管理人もコメントを寄せる読者の皆さまも羽生結弦さんを心配する人ばっかりなんですけどね)

 

そういうワケで、残念ながら神の復讐の標的になってしまった、と私には見えます。

 

 

羽生結弦さんのケガが思ったより重傷で、IOCや平昌委員会がアワ食って様子です。

彼も利用されてしまっただけですね、痛ましいことです。

 

ライブドアニュース 2017年12月21日 16時40分

羽生結弦のケガに頭を抱えるIOCと平昌五輪委員会 経済効果に打撃

 

(あんな国と間接的にでも縁を持ってしまったら、こうなるというコワイ話です)

 

 

 

そして復讐の神とは、女神です。

(アガサ・クリスティーにも『復讐の女神』という作品があります)

 

女神は、男の神よりも潔癖で厳しい一面を持っています。

女神は、潔癖で、曲がったことがキライで、キッチリ必ず実行します。

 

(他にも運命や勝利といった『みずもの』は、なぜか女神が担当します)

 

 

 

 

ギリシャ神話でも、女神を怒らせると大変なことになるのがオチです。

 

ギリシャ神話には、復讐の女神、ネメシスも登場しますが、他の女神もそれぞれ復讐するのです。

 

月の女神、アルテミスの沐浴を垣間見たアクタイオンは鹿に姿を変えられ、自らの猟犬に噛み殺されてしまいました。

 

戦いの女神、アテナを侮辱した美しい娘のメドーサは、髪がヘビという恐ろしい化け物の姿に変えられてしまいました。

アテナはそれだけで済ませず、大神ゼウスと人間のハーフの英雄・ペルセウスにメドーサを討たせるのです。(こ、怖すぎます、アテナ様)

 

221ffd2a.jpg

女神アテナ

 

なので、ホントに私は成り行きが楽しみで仕方ありません(笑)、

平昌五輪。

 

 

日本スケート連盟のA川さんも、この復讐の女神の標的から外れることはないだろうと私は読んでます。

 

彼女の2018年の運勢は、『乾宮(強運)』+『印綬(ツケを払う)』

 

思い通りになるが、しかし、ツケを払うというチグハグな運勢とはこれ如何に?と疑問でしたが先日の五輪代表決定でわかりました。

 

>フィギュアスケート女子代表に選ばれたM原S子は、なぜか露骨にジャッジに《冷遇》されている。

>全種類のジャンプで回転不足を取られたり、ステップの軌道が外れたという理由だけでステップの得点が0点になったり、衣装が幼すぎるという理由で危うく減点されそうになったり。

 

>(何故ここまで《冷遇》されるのか分からない。ジャッジがM原選手を〇いなんでしょう)

 

>そんな訳で国内では勝てても、海外の大きな大会で勝てる選手ではありません。

>このジャッジの露骨な《冷遇》を、日本スケート連盟が知らないはずがない。

 

>なのにわざわざ代表に選ぶわけは・・・、日本スケート連盟は相変わらずK国に忖度して、日本の女子選手を平昌では『勝たさない』つもりとしか思えない。

 

先日の記事より抜粋しています)

 

 

A川S香、再び女子選手を(平昌で)勝たせない作戦は大成功するものの、(後輩選手やファンからの)総スカンを食らう運勢と私は解釈しました。

 

(S本K織ちゃん、意地悪されたら不憫やな。頑張ってな!負けんといて!)

 

続く2019年の運勢は、『兌宮(喜楽運)』+『偏印(悩みぬく年)』。

悩みは尽きないが、楽になる?

 

やはり2018年中にに何らかのツケを、支払わされる可能性は充分にある(〇会長辞任?)。

 

それで翌年は楽な立場になるものの、悩みは尽きない。

(もっと浅田真央をイジメておくべきだったと後悔するんだろうか?A川さん)

 

 

現にソチでの浅田真央さんの練習を妨害して勝たせないやり方は、後輩選手たちの不信感を買うに充分でした。

なので選手側は自衛のため、企業に入社し、守ってもらうやり方を選んだんでしょう。

 

特に名古屋側は、真央さんの直接の後輩であるU野S磨君をトヨタの力で(連盟の毒牙から)守ってもらうことにしたんでしょう。

トヨタの豊田章夫社長は、嫌韓で有名です。

 

毛皮に腰蓑(!)衣装のA川S香、まぁ、よくお似合い!

 

私はこれを見て、この女は山葡萄だと確信した

 

中杉博士のブログより

黒い山葡萄原人(朝鮮人)とは何か?

 

アルメニア・リンク事件については、こちらのブログが詳しいです。

『フィギュアスケートのヴィーナス様』より

なぜ鈴木さんはアルメニアのリンクを悪く言わないのか?

 

(アルメニア・リンク事件については、「もう最初から仕組まれていたな」というのが印象です。

佐藤信夫コーチがソチのFSの時、リンクの外で目を潤ませていたのが印象的でしたが、裏でこういう事情があれば、納得もします)

 

 

A川に近づくと、とんでもないことになる『Aの法則』も、ありそうですね。

(H口W葉なんか、あんなにA川にゴマ擦ってたのに、薄情にもアッサリと見捨てられた)

 

でも神の復讐で、今度はA川が、後輩やファンから見捨てられる。

 

(既に見捨てられつつあるのかも。解説の仕事は、完全に織田信成さんや高橋大輔さんに取られたし。おまけに小塚崇彦さんや、町田樹さんまで参入してきては、需要がないよね)

 

 

逆に浅田真央さんは2020年あたりから、立場が変わる暗示があります。(艮宮(変化運))

 

ついに日本スケート連盟の親韓派が一掃されて、真央さんを強化副部長ぐらいに大抜擢するのかもしれません。

 

 

悪に負けることなく、善をもって悪に勝ちなさい。

 

(浅田真央さんはあれだけA川たちにとんでもないイジメを受けても、《恨み》をほとんど見せなかった。このロジックを、ご存知だったのか?お若いのに大した人だ)

 

 

f74a47c0.jpg

 

 

 

まさに因果応報、悪人はまとめて神様から、復讐されそうですね。 メデタシメデタシ (^_^)vイエイ

 

 

1c972ad4.jpg

 

 

f4b9362e.jpg

 

875e8ad9.jpg

 

そしてコイツらも悪行を為しているのであれば、神様は必ずや復讐して下さるでしょう。

それが神の復讐のロジックというもの。

 

 

「復讐するは我にあり、我これを報いん」

 

 

善男善女の皆さま方は、このような愚か者どものマネを絶対にしてはなりません。

 

 

私たちは心を強く持って、卑下することなく、驕りたかぶることなく、次のステージに進みましょう。

 

 

 

 

 

そのためにも祝詞やマゼンタパワーを利用されて、どうぞ心を平和にお過ごしくださいませ。

 

 

時事通信 2017/12/27

慰安婦合意破棄求める=検証結果受け市民団体-韓国

 

驚くべきことに、K国は慰安婦合意を破棄する意向だとか。

万が一破棄なら、安倍総理と河野外相は当然のことながら、韓国大使召還を実施します。

大使召還まで行くと、あとは戦争しかありません。

 

五輪ボイコット、充分にあり得るでしょう。

 

(実は現在、K国に米国大使も赴任していない実にアブナい状況なのです。

おまけに日本大使まで召喚されれば、どうなるか・・・、山葡萄の頭脳ときたら)

 

 

HUFFPOST 2018年1月3日 17時54分JST

北朝鮮と韓国が約2年ぶりにホットラインで協議

 

さあ、どうなることやら。トランプさん、怒ってるらしい・・・。

 

 

 

悪しきものを祓いたまいて、常に正しきことを行わしたまえ

 

 

 

お清め代わりに ミュシャです。

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

皆さまがお幸せでありますように。