新年、明けましておめでとうございます。

 

夢の宮へようこそ。

管理人のEki-MAJOです。

 

年の初めの試しとて・・・

 

 

昨年は、いろいろなことが洗い出される年でした。

昨年以上に今年もそうなりますが、未来への布石となる一年であるよう祈ります。

 

 

運を開くためには、いつも美しいものに触れておくのも手です。

 

(《美》のオーラが見えないバリアーとなって、あなたを守ってくれます)

 

 

真に美しいものを、皆さまに贈ります。

 

 

 

 

20世紀最高のバレエ・ダンサーとうたわれたシルヴィ・ギエム。

そのギエムの、最後の『ボレロ』(音楽:モーリス・ラヴェル 振付:モーリス・ベジャール)

 

齢50を迎えたギエムが、最期のボレロを踊ってくれた、しかも、この日本で。嗚呼、感無量。

 

真に美しいものは、何か(時間や常識など)を『超えて』しまうようですが、

まるでギエム、美女なのに両性具有の美しい青年のように見えなくもない。

(日々の鍛錬の賜物か)

 

 

 

菩薩様も両性具有であられるしね。

 

 

e14d9ba4.jpg

 

そうそう、この人も両性具有であるらしい。(ダ・ヴィンチ自身がモデル?)

 

 

 

 

 

 

マリア・カラスも《超えて》しまった歌姫だった。

(だから、伝説《レジェンド》になった。歌唱に過激なダイエットに我儘に・・・)

 

「ある晴れた日に」水平線の彼方から、船が港に入ってくる・・・。

 

 

そのように、良きことのあまたが日の本の国に訪れますように。

 

 

 

(偶然にも、不世出の舞姫S・ギエムと歌姫M・カラスが最期の公演の地に選んだのが日本だった・・・!)

 

 

 

(集金ペイが入院(クーデター、もしくは暗殺未遂?)とか、とんでもないニュースもあったし。

BLOGOS 一般財団法人日本戦略研究フォーラム 2017年12月28日 19:28

北京301号病院に「腹痛」で入院した習主席-澁谷司 )

 

 

 

21b2ab02.png

マリア・カラスに捧げられしバラ

 

 

 

悪しきものを祓いたまいて、常に正しきことを行わしたまえ

 

 

 

 

今月も更新不定期になります、悪しからず。

1月3日以降、更新の予定です。

 

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

皆さまがお幸せでありますように。