こんにちは。夢の宮へようこそ。

管理人のEki-MAJOです。

 

先日(9/20)、安室奈美恵さんが一年後の9月16日に引退する予定を発表しました。

安室ちゃんも、もう40歳になるのか・・・、と少し呆然としました。

 

私はファンでもなかったし、アムラーやるには少しとうが立っていたので(笑)。

 

『平成の歌姫』といわれるには十分なヒットメーカーだったし、

何度か曲はカラオケで歌ったくらいです。

 

来年は偶然、今上が退位予定の年。

その年に平成の歌姫が引退をする、何か因縁話のようです。

 

1a9f0fd9.jpg

台湾VOGUE 2016年2月号 安室ちゃんはモード系も似合ったね・・・

 

彼女で思い出すのが、『安室奈美恵実母殺害事件』(1999年3月17日)です。

彼女の母の再婚相手の弟が、母を殺害するといったショッキングな事件でした。

(犯人は後に自殺)

若くして、成功を収めると払う代償もそれだけ大きくなる、といった印象を持ちました。

当時、観相で有名なF木S元氏が、『肉親の縁が薄い』と言って、

ズバリ当たっていたのも思い出します。

 

その約9か月後平成11年(1999年)11月12日の「天皇陛下即位十年を祝う国民祭典」で

『君が代』を歌う時、ついうつむいてしまい反日歌手とレッテルを張られたことも。

真相は、彼女は君が世の歌詞を良く知らなかっただけでした。

 

沖縄は日教組(沖教祖)の力がことのほか強く、反日教育がまかり通っています。

今、その危うさに気づいた人たちが行動を起こしています。

 

大スター・安室奈美恵さんも、

歪んだ戦後教育の犠牲者だったと思うと可愛そうなものがあります。

(君が代の歌詞を知らないというのが、私にとっては想像できないことだったので)

 

ちなみに私が『ネトウヨ』に目覚めたきっかけが沖縄の方が琉球左翼について書かれた

ブログでした。(最近更新が無いので、心配です)

反日教育や、反日報道が溢れる沖縄から我那覇真子さんのような愛国ヒロインが

出てくるのも時代でしょうし、沖縄には、それだけ危機感も強いのです。

 

デビューしてから25年間、仕事で大成功を収め、結婚し、子供が生まれて、でも離婚。

安室奈美恵さんは必死に働きながら、子供を育てた立派なワーキングマザーです。

 

ライブでは2時間、トークなしに歌い踊る。このスタイルではいつか限界が来る。

それが彼女にとっては、2018年息子さんが20才(!)になる潮目というのが印象的です。

 

まだ歌もダンスも衰えていないとはた目からは思えるのですけど、

安室奈美恵さんはプロ意識が高く己に厳しいが故の決断でしょう。

 

あと一年、アルバム制作やツアーが待っています。

(でも、引退ツァーにK国は行かない、賢い!安室ちゃん)

 

今年の紅白の大トリは安室奈美恵さんでキマリでしょう。

今までお疲れ様でした。

 

 

 

紅白では、これを歌って欲しいな。私にとって、安室ちゃんといえばコレ。

 

 

 

今年は『平成』を代表するアスリートや、スター(それも女性)が表舞台から去ってゆくことを

決断する年でした。

浅田真央さん、宮里藍さん、そして安室奈美恵さん

 

 

 

その一方で『葬られる』女もいる。

まずこの二人。

 

なんで、折合いの悪い野田聖子を入閣させたか、こちらの記事で良くわかった。

 

プレジデントオンライン 2017.9.20

秒殺された「野田聖子、小池百合子新党」

 

 

《小池・野田新党》を潰すためだったのか。うーん、安倍ちゃん、さすがの策士。

小池百合子と野田聖子なら、一般受けは、いいだろうから。私はどちらも大嫌いですが。

 

そして、野田聖子については、文春砲も出ました。夫が暴力団関係者・・・

リークしたのは、おそらく自民党の内部関係者でしょうね。

 

 

この女、調子に乗って総裁選に出馬予定、女性天皇が何故ダメかとまで言い出した。

早いうちに潰しておかないと危険。二階にべったりで、支那とズブズブでもあるし。

万が一総裁選に出馬して、勝てば、彼女の夫は日本初のファーストジェントルマンです。

そりゃ、(暴力団関係者というのは)マズいでしょう。

 

これで、この女の自民党総裁(首相)の目は潰れました。パチパチ

 

 

次いで、小池百合子。

この時期に解散総選挙をやる一つの理由が、明らかに《小池百合子潰し》でしょう。

 

9a38675d.jpg

 

夏の都議選のリベンジに。

そして小池百合子も、豊洲の問題で、炎上しかかっているのに加え、

根回しなしの『希望の党』党首就任で、公明党を本気で怒らせてしまった。

来年の運気は艮宮で変化運、もう運気が切り替わりつつある。

 

この人は、つくづく一つの目的でことを起こさない人ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

何故この時期に、解散総選挙をやる必要があるのか、

経済評論家の渡邊哲也氏が解説してくれる。

なるほど、政党助成金の問題か・・・、

「選挙に強い小池百合子、ならカバン(金)なしで戦ってみろ」ってことか。

(選挙には三つの『バン』が必要。地盤、看板(知名度)、鞄(選挙資金))

 

政党助成金(政党交付金)について

 

さっそくテレビ等マスゴミでは小池百合子アゲが凄いですが、騙されませんように。

先立つものが無いと選挙は戦えません。

小池本人だけなら何とかなっても、政党の党首としては、これはキビシイ。

(マスゴミが持ち上げる政治家は危険です。例:民主党の政治家、舛添要一、石破茂・・・)

 

公明党は、本気で小池の党首就任に怒っていますね。

7月の都議選で勝てたのも、公明党の協力あればこそだったのに、

筋を通さない女はどうなるか、申すまでもありますまい。

 

周囲の男を踏み台にして、のし上がってきた、そのツケを払う時が来る。

そして、守ってくれる男はもういない。

(細川護熙、小沢一郎、小泉純一郎、石破茂・・・、皆もう力がなくなった)

 

そろそろ来年の運気が入ってくるから、これからフルボッコが見れるかもしれません。

 

(「日本のこころ」の中山恭子先生が何故合流するのか、と思いましたが、

「日本のこころ」は、政治信条が素晴らしいのに絶望的に選挙に弱い。

ご主人の中山成彬先生が出馬されるから、

ここは背に腹は代えられないといったところでしょうか?)

 

 

あと、安倍さんは消費税上げる気ないから。騙されませんように。

 

 

 

マシンガントークの経済評論家、上念司氏の解説でどうぞ。

 

私のタロットでも、(消費増税は)フェイク(『月』)と出ました。

安倍さんの本心は、現状維持(『力』)。

(もちろん、官邸メールで国民の声を届けることは必要です!)

 

 

 

それから、(自称)皇太子妃雅子

 

c902a76b.jpg

 

小和田の缶切爺(小和田恒)、未だに日本に帰れない様子。

なら、犯罪者が皇后の実父というのはあり得ないでしょう。

 

廃妃は、ほぼ決定ですね。

 

そして自愛のミテコ様、高麗神社に公務扱いで参拝したら炎上してしまいました。

K国人は喜んでいます。

韓国訪問への地ならしのつもりだったんですかね。それとも〇命祈願?

皇室掲示板では、廃帝・廃后願いまでいってしまった。

国益を棄損する天皇と夫人は要りません!(この服、新調ですって、モッタイナイ!)

 

cc2b7e93.jpg

 

 

 

自ら進退を決めて去ってゆく女もいれば、しがみついて葬られる女もいる。

 

いろいろな人生のけじめのつけ方について考えた秋でした。

 

 

 

文例:【消費増税反対についての要望】

2019年に消費税を10%にあげることに反対です。

いまだ日本はデフレ脱却しておらず、国民にもその実感に乏しいのに再増税は

不景気になること間違いなしです!消費増税を、凍結、延期して下さい。

安倍総理、応援しています。お願いします。

 

 

文例:【東芝の半導体部門売却反対いついて】

東芝の半導体部門売却に反対です。

たしかに、東芝の放漫経営もありましたが、長年、苦労して培った技術です。

軍事にも使われる技術で、万一、中韓に買われてしまうと

それこそ国の安全保障にも関わります。

国が買い取り、国有企業にすることはできないものでしょうか?

 

 

 

(お手数ですが、一部、ご自分で文章を変えて下さい)

 

 

 

官邸メール:http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

自民党メール:https://www.jimin.jp/voice/

電子政府窓口:https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

皆さまがお幸せでありますように。