こんにちは。夢の宮へようこそ。

管理人のEki-MAJOです。

 

「恨みはわび、ほさぬ袖だに あるものを 恋にくちなむ 名こそ惜しけれ」

(小倉百人一首 65番 相模)

 

  

 

〈あなたのつれなさを 恨んでは思いなやみ かわく間さえないというのに ああ その上に

あれ見よ 恋の痴れ者と 世に 指さして嗤われるわが名 わが名の愛おしさ〉

 

(恋に朽ちるわが名を惜しむのは男だけではない。凛然たる気概を持った女もまた、

わが名を惜しむ。我が名誉を重んずる。 『田辺聖子の小倉百人一首』より)

 

今も昔もイヤなものは噂、人の口に戸は建てられません。

作者は源頼義の娘で、相模の女房名で知られる王朝後期の女流歌人。

相模守・大江公資(おおえのきんすけ)と結婚したので、相模と呼ばれます。

後に大江公資と離婚したり、結婚、恋愛では苦労した模様。

この歌も歌合せに出されたもので、実体験そのままではないとも言えますが、

妖艶凄愴な美があります。

 

昔はみやびです。恋のスキャンダルを『恋に朽ちる』と表現する。

(『源氏物語』の六条御息所も、こういう悩みをもったのでしょうか?

年下の男に夢中になっていて・・・と、都の噂だったんでしょうか?)

 

名を惜しむのは武家の行動様式だけではなかったんですね。

 

 

最近も『恋に朽ちた』バカ女を見ようとは・・・、

山尾ゲスリーヌ志桜里衆議院議員のことですがね。

しかし、この女には『惜しむ』名や名誉など無いけどな、と醒めてしまいました。

(相模のような和歌にも出来ない下衆ダブル不倫!しかも相手が一人で済まない?)

(『肉食ジャンヌ・ダルク』って、ジャンヌ・ダルクに失礼だろーが。

しかし、ゲスリーヌとか、不倫セスとかネーミングがウマい!)

 

「幼稚園落ちた、日本死ね」問題で一躍、時の人になったゲスリーヌ、

まさかご自分が不倫していようとは・・・(しかも、週4日!)www

 

嗤えるのは女の戦いまで、影にあったという。

蓮舫と山尾ゲスリーヌ、犬猿の仲だったんですねーwww、それで離党ね・・・

 

【山尾議員不倫問題】蓮舫氏が激高!「あり得ない。こんなことが許されていいのか!」山尾志桜里議員と蓮舫議員は三角関係

 

でも対抗馬は立てないって、戻る気マンマンではないですかwww

 

ついでに山尾ゲスリーヌのアニーの頃、何と金妍児そっくりです!姉妹のようwww

 

235e3492.jpg

出典:http://netgeek.biz/archives/102438

 

 

ゲスリーヌと豊田真由子、どちらもイヤだけど、豊田のほうがまだマシか。

このハゲーーーーーーも、結構イヤなものがありますが。

 

こうして、お互いにつぶし合ってこの世から消えていって下さい・・・、民進党。

(嗚呼、離党ドミノが止まらない!)

 

民主党から名前が変わったところで、そのヒドさは忘れていないからな。

 

7e115d59.jpg

 

 

 

 

 

そうしているうちに、内閣支持率は復活しつつあります。

(無事、空亡月を抜けられつつある!)

 

そして、安倍総理は素晴らしい仕事をされました。

日英同盟の復活です!

 

 

 

共同声明という形式で、準《同盟》に近い内容だったと渡邊哲也氏が解説してくれます。

 

 

日英同盟を描いた当時の絵

 

 

日露戦争で日本が勝利した陰に、

英国と同盟を結んでいたことが上手く作用したと言われるところです。

(司馬遼太郎の『坂の上の雲』に活写されているので、読まれたし)

 

例えば英国は、ロシアのバルチック艦隊に良質の石炭を売らない。

当時の戦艦のエネルギーは石炭の火力で、その質にはピンからキリまでありました。

良質の石炭(無煙炭)を押さえていたのは、当時の覇権国・英国でした。

 

英国は、日英同盟を忠実に履行すべく、ロシアと同盟国のドイツに無煙炭を売るのを制限したりもしてくれたのです。

他にもバルチック艦隊の航行を邪魔してくれたり、英国、ナイス。

 

 

やはり、香港を失いつつあるのは英国にとっても痛いところでしたか。

しかも、金の力でエリザベス女王に謁見まで求めるなんて

英国人のカンに触ってしまったのね、キンペーちゃん。

 

96a99b50.jpg

英国のぶぶ漬け対応@習金平

 

英国もアジアに今一度プレゼンスを提供したいのなら、組むのは日本しかない。

テリーザ・メイ首相が、確かな目と判断力を持っていたのが幸いでした。

 

昭和天皇と香淳皇后の昭和46年9月の英国訪問

 

 

そして、日本も英国もロイヤルファミリーが健在の国です。

 

かっての覇権国とはいえ、金融や情報には一日の長がある英国と組めたのは、日本としては上出来ではないでしょうか?

 

米国も加えた、日米英同盟で結構ではないでしょうか?(古代ローマの三頭政治ですね)

 

 

 

 

 

小野寺五典防衛大臣も、米国には大歓迎されておりますし。

 

 

 

 

『恋に朽ちなむ 名こそ惜しけれ』なのは、(本当の)眞子様にとってもでしょう。

名に泥を塗られた状態ですから、今は。

 

c726d567.jpg

 

汚名の泥を洗い流すのは、時の力しかありません。

『真理は時の娘で、権威の娘ではない』(欧州の古いことわざ)。

(このことわざを題名にしたミステリーが、ジョセフィン・ティの『時の娘』)

 

 

 

そして無実の罪を晴らして下さるのは、天神様です。

 

 

ただもう、真理が現われはじめていますね。

ミテコは、露骨にキムコムロに対して梯子をはずし始めました。今さら何のご心配ですかwww

よほど《使えない》駒だったんだなぁ、キムコムロwww

 

国外に追いやれば・・・も、あり得る。

だって、英国と組んだんだから。(ダイアナ元妃のケースを想起されたし)

 

 

9月6日は悠仁親王の誕生日で、昨日11日は秋篠宮紀子妃殿下の誕生日でした。

素直に皇族の誕生日が祝えるようになりますように。

 

 

07c29b4f.jpg

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

皆さまがお幸せでありますように。